HOME > 卒業生の声

卒業生の声

大学案内2017から

木村 有希

小学校教諭

2016年3月地域教育文化学科卒業(児童教育コース)

山形県立山形西高等学校出身


Q 今のお仕事の内容は?

山形市内の小学校で4年生の担任をしています。職場の先生方や子どもたちの励ましを胸に,毎日反省と対策を考えて一歩ずつ成長できるよう努力しています。授業の他には委員会やクラブ活動を担当しています。

Q 大学で学んだことは活かされていますか?

小学校教諭の勉強の他に,特別支援教育や幼児教育について学び,さまざまな分野に視野を広げることができました。中でも,模擬授業や調べ学習の話し合いの中で他の人と意見をぶつけ合ったことは,自分の考え方を広げるうえで大切な経験でした。また,授業をきっかけに,一緒にご飯を食べたり悩みを相談したり,将来について話し合ったりできる仲間たちとも出会うことができました。

Q 大学時代のエピソードは?

子どもたちと関わるボランティアサークルに参加。学生同士で活動内容を考えたり,子どもとの接し方について語り合い,楽しく学ぶことができました。芋煮会や遠足など季節の行事を通して様々な方と関われたこともいい思い出です。また,教員採用試験の勉強では辛いこともたくさんありましたが,互いに励まし合い,高め合いながら乗り越えることができました。共に戦う仲間がいることのありがたみや心強さを実感しました。

Q 山形大学を目指す高校生にメッセージを。

大学時代は,自分自身を見つめ,将来についてじっくりと考えられる貴重な時間です。将来に不安を持っている方も多いと思いますが,学びを深める中できっと見えてくるものがあると思います。様々なことに積極的に関わり,充実した大学生活を送ってください。

大学案内2016から


丸藤 桜

米沢市立第二中学校教諭

2013年3月文化創造学科卒業(スポーツ文化コース)

米沢中央高等学校出身


Q 今のお仕事の内容とやりがいを教えてください。

中学校で保健体育の教諭として、生徒たちと一緒に汗を流しながら楽しく授業をしています。2学年の担任も持っており、クラスの子供たちと過ごしていると、昨日とは違った顔や姿を見ることができ、日々新しい発見に感動させられます。喜び、戸惑い、不安、期待感など様々な感情にもまれながら、先輩の先生方に早く追いつけるよう、目の前の一つ一つに精一杯取り組んでいます。

Q 大学で学んだことは活かされていますか?

大学では、体育の専門的な技能や知識はもちろん、教職に関わるあらゆる分野を勉強しました。中でも、自分たちで役割を決めて行った模擬授業や教育相談のロールプレイングなど、実践的に学んだことが今の現場で生かされていると思います。様々な個性を持った子供たちと向き合う時、大学の授業でいろいろな場面や背景を想定し、自ら体験したことを思い出し、いろいろ試してみることで、より良い生徒との関わり方を見つけることができると思います。

Q 大学時代のエピソードは?

バレーボール部に所属し、部活部活の毎日でした。4年間、最後までやり通すことができたことは大きな自信となっています。練習の後に先輩、後輩とご飯を食べに行ったり、体育館の前で仲間と延々と話し続けたりしたことも良い思い出です。また、スポーツ文化コースでの授業、遠泳、スキー実習、芋煮会や誕生会など、やりたいことを楽しくやりきった仲間たちとの4年間は忘れられません。

Q 山形大学を目指す方にメッセージを。

大学時代は、自分のやりたいことが自由にできる貴重な時間です。良くも悪くも自分次第。目標や夢を持っていれば、きっと楽しく充実した大学生活を送れるはずです。

舘石 夏

地域教育学科実践教育コース 2015年3月卒業

山形県立山形西高等学校出身


Q 山形大学に入ってよかったと思うことは?

「山形で教員になりたい」という仲間がたくさんいたこと。同じ目標に向かって励まし合いながら最後まで頑張ることができました。先生方も、私たちが夢を実現する環境を整えてサポートして下さいました。部活動で好きな水泳を続けられたのも良かったです。

Q 卒業後の就職(進路)先について教えて下さい。

現在は山形県の小学校教諭として頑張っています。きっかけは大学3年次の教育実習でした。子どもたちが必要感を持って学びに取り組むことができるように工夫することにやりがいと面白さを感じ、教員を目指そうと決意しました。

坂川 侑香

文化創造学科音楽芸術コース 2015年3月卒業

山形県立米沢興譲館高等学校出身


Q 山形大学に入ってよかったと思うことは?

私は声楽専攻ですが、専門以外にも幅広く音楽を学べたこと。また、教育系の学部ながら積極的に演奏会等の音楽活動を行っており、3年時の学外でのオペラ上演を通じて演奏会の運営を体験し、仲間と協力して演奏会をつくりあげる達成感を味わうことができました。

Q 卒業後の就職(進路)先について教えて下さい。

山形大学の大学院(地域教育文化研究科文化創造専攻音楽芸術分野)に進学し、より専門的に音楽を学んでいます。大学院では学外での演奏活動も多くなります。自身の声楽の技術を高めるとともに、地域への演奏活動をより積極的に行いたいと考え、進学を選びました。

浅井 智佐

文化創造学科スポーツ文化コース 2015年3月卒業

久里学園高等学校出身


Q 山形大学に入ってよかったと思うことは?

地域のスポーツ行事にスタッフとして参加したり、陸上競技部に所属して全国大会出場を目指し、また陸上競技の先生としてたくさんの小学校に出向くなど、地域に密着してスポーツを「する」「観る」「支える」という異なる視点から見つめることができたこと。

Q 卒業後の就職(進路)先について教えて下さい。

新潟市役所に勤務しています。大学での学びと陸上競技部での多様な経験から、スポーツが持つ「人と人とを繋ぐ力」や「地域に活力を与える力」の可能性を感じ、健康と笑顔であふれる地域づくりに貢献していきたいと思い、この仕事を選びました。

中河 真菜

生活総合学科システム情報学コース 2015年3月卒業

愛知県立豊田北高等学校出身


Q 山形大学に入ってよかったと思うことは?

情報について学びたいと思っていましたが、理系色の強い「情報科学」を学びたいのか、文系色の強い「情報社会」を学びたいのか決まっていませんでした。山形大学のシステム情報学コースではその両方を学ぶことができると知り、このコースを選びました。

Q 卒業後の就職(進路)先について教えて下さい。

幅広い分野から「情報」について学ぶことができたこと。また1、2年生の間に様々な分野を専門とする先生方の授業を通して自分の興味・関心のある分野を見つけ、3年次以降の研究室での学習でその内容について深く追求していくことができました。

大学案内2015から


深瀬 智也

天童市立第二中学校教諭

2014年3月文化創造学科卒業(異文化交流コース)

山形県立山形南高等学校卒業


Q 今のお仕事の内容とやりがいを教えてください。

中学校で英語を教えています。今年は1年生の担任になりました。私が中学校英語教員を目指したのは、子どもたちに英語を好きになってもらい、将来は英語を使って世界で活躍してほしいと思ったから。今は目の前の仕事をこなすことで精一杯ですが、たくさんの生徒の笑顔に囲まれて生活できる喜びを日々噛みしめています。

Q 大学で学んだことは活かされていますか?

英語の教員として英語力は必要不可欠なものです。しかしそれだけでは不十分で、異文化に関する知識や、異文化理解が非常に重要なものだと思います。私は英語を勉強したくて山形大学に入学しましたが、学んでいくうちに異文化理解の重要性に気が付きました。外国語の教員として、周りを見渡せば自分たちとは全く考え方の異なる人たちもいることうを、子どもたちに教えていかなくてはならないと思っています。時間をかけて、子どもたちの異文化理解の心を育てていきたいです。

Q 大学時代のエピソードは?

勉強、サークル、アルバイト、遊び、すべてに全力投球し忙しい学生生活でしたが、中でも印象に残っているのは教員採用試験の受験期です。あれほど勉強したことはこれまでにも、そしてこれからもないと思います。受験自体はとても大変でしたが、仲間と共に毎日朝早くから夜遅くまで勉強をした数か月間は一生の宝物です。

Q 山形大学を目指す方にメッセージを。

大学生活は好きなことを好きなだけやることのできる人生の中でも貴重な4年間です。 受験勉強は決して楽ではありませんが、乗り越えればきっと素晴らしいキャンパスライフが待っています。頑張ってください!

大学案内2014から

奥山遥香

鶴岡市立鶴岡第四中学校勤務

2012年3月 地域教育文化学部地域教育学科卒業

山形県立山形西高等学校出身


子どもたちが安全に楽しく実験できるようにするためには、準備が大切だということを学びました。

中学校で理科を教えています。1年目は2年生の担任になりました。男子バレーボール部の顧問も務めています。たくさんの生徒たちに囲まれて、たくさん笑って、泣いて、怒ってと、忙しくも充実した日々を過ごしています。私がこうして教員として仕事ができるのは、地域教育文化学部で4年間学んだおかげ。なかでも印象に残っているのは、学部の理科で行なっているおもしろ実験教室や、霞城セントラルで毎年行なわれている科学の祭典など、子どもたちと理科の実験をする機会がたくさんあったことです。子どもたちが安全に楽しく実験できるようにするためには、準備が大切だということを学びました。用意する材料はどんなものがいいか、この道具は子どもたちでも安全に使えるかなど、いろいろなことを考えます。事前に自分で実験をして試してみたりもします。細かな実験をすること、これが今の私の仕事に活きています。

丸子尚志

山形県中学校教諭(理科)就職

地域教育学科実践教育コース 2013年3月卒業

山形県立山形南高等学校出身


理科のおもしろさを伝えていきたい。

この4年間で、物事についてさまざまな面から考えることができるようになりました。またサークル活動などを通して他学部の友人も多くでき、人間関係が広がったこともよかったと思います。1年生のときはすべての学部の学生が小白川キャンパスに集まるので、他の学部の友達と一緒に同じ講義を受けたり、一緒にテストの勉強をしたことを覚えています。卒業後の就職(進路)先は、地元山形の公立中学校の理科教師です。理科のおもしろさをしっかりと伝えていける教師になりたいです。

郷津幸男

山形大学大学院 地域教育文化研究科 文化創造専攻 音楽芸術分野 進学

文化創造学科音楽芸術コース 2013年3月卒業

山形県立山形北高等学校出身


大学院で打楽器をさらに追求していきます。

卒業研究では、「ティンパニの歴史と奏法〜オーケストラ作品においてのティンパニの変遷〜」をテーマに、ティンパニの起源や発達の過程及び現在楽曲で使われている奏法をまとめ、さらにオーケストラ作品の中でティンパニがどのように使われてきたかを知ることにより、これからのティンパニの展望を考察しました。卒業後は大学院に進学し、専攻である打楽器をより深く研究するとともに、音楽活動を通して故郷の山形に貢献できる方向性を模索していきたいと思っています。

本間理沙

山形県警察 就職

文化創造学科スポーツ文化コース 2013年3月卒業

山形県立山形西高等学校出身


仲間とサッカーに夢中になれた4年間。

サッカーを始めた高校時代から、高い技術とガッツあふれるプレーをする山大女子サッカー部に憧れており、また山形県内に就職したいと思っていたことからスポーツ文化コースを志望しました。収穫は、多くの仲間ができたことと、好きなことに夢中になれたことです。特にサッカーは私の学生生活の中心であり、サッカーと真剣に向き合ったことが自分の成長につながりました。卒業後は、小学校からの夢である警察官になります。大好きな山形を守れるようがんばっていきたいです。

大久保美沙

株式会社きらやか銀行 就職

生活総合学科生活情報システムコース 2013年3月卒業

山形県立山形西高等学校出身


これまでの恩返しとして地元に貢献したい。

自然に囲まれた山形大学は、都会のような華やかな感じではありませんが、空気がきれいで人柄も良く、とても過ごしやすい環境でした。そんななかで私が打ち込んだのは、複数チャネルを有する系における量子波干渉効果の研究です。擬1次元量子細線についてTight Binding模型と呼ばれる格子モデルを用いて数値行列演算を行い、電気伝導度はLandauer公式を用いて散乱行列から求めました。卒業後は銀行員として、これまでお世話になった山形に恩返しをしていきます。

大学案内2013から

峯田麻友美

鶴岡市立朝暘第三小学校勤務

2009年3月 地域教育文化学部地域教育学科卒業

山形県立山形西高等学校出身


子どもたちとふれ合い、一緒に活動し、感動を味わうことでふくらんだ教員への夢。

1年次に教養教員として文科系の講義から地球・環境、スポーツに関する講義まで、さまざまな分野の講義を選択できたことが印象に残っています。個性あふれる先生方から教えていただいたことで、幅広い教養が身につきました。また2年次以降は、学生同士で模擬授業を行い意見交換し合ったり、実際の先生が現場の生の声を聞かせてくださったり、実際に教育現場に出た際に役立つ知識を身につけることができました。そんななかでも、小学校教諭という現在の仕事に最も生かされているのが教育実習です。実際に子どもたちとふれ合い、一緒に活動し、感動を味わうことで、教員への夢が大きくふくらみました。今でも実習でお世話になった先生を真似て授業を行うこともあります。他にも、小学校教育養成プログラムを選択したこと、教員になりたいという私の夢を熱心に後押ししてくださった先生や職員の方々など、大学への感謝の思いは尽きません。

佐々木奈津美

宮城県学校事務 就職

文化創造学科異文化交流コース 2012年3月卒業

宮城県佐沼高等学校出身


「欧米児童文学における島」を研究。

英語の学習や他国の文化に関心があり異文化交流コースを選択しました。卒業論文では、「欧米児童文学における島」をテーマに取り上げました。イギリスを中心とする欧米諸国の児童文学には「島」が登場する作品が多いことに気がつき、欧米の文学における島の変遷や、子ども観との関連性にについて考察しました。就職先は、宮城県の学校事務です。故郷である宮城の未来に貢献したいとの思い、そして子どもや学校という場が好きだったことから、この職を希望しました。

羽根田幸将

山形市少年自然の家 就職

文化創造学科造形芸術コース 2012年3月卒業

聖光学院高等学校出身


子どもたちの成長に寄与していきたい。

造形芸術コースは、3年次から専門の研究室に配属されます。デザインから美術教育まで各分野に専門の先生がいるため、自分が興味を持った分野を深く追求できるのが魅力です。私はこのコースを学んだことで、「教育」が学校の外でも身近に提供されていることに気づかされ、生涯学習とは何かを深く考えるきっかけになりました。就職先は、在学中からボランティア活動にも参加していた自然の家です。自然体験や共同生活を通じて、子どもたちの成長に寄与していきたいと思います。

五十嵐美久

山形ロイヤル病院 就職

生活総合学科食環境デザインコース2012年3月卒業

山形県立酒田東高等学校出身


管理栄養士の資格取得が次の目標です。

食という分野は非常に広範囲にわたるのですが、山形大学では教育から臨床、実験実習まで体系的に学ぶことができ、学生個々に興味を持った内容について主体的に取り組める環境があります。そのなかで私は、ウコンの主成分であるクルクミンに着目し、胃粘膜保護作用のメカニズム解明をテーマに卒業論文を書きました。卒業後は、入学当初から目標としていた病院の栄養士として働くことになりました。就職しても勉強を続け、管理栄養士の資格を得ることが次の目標です。

太田彩月

(株)田中食品興業所 就職

生活総合学科生活環境科学コース 2012年3月卒業

茨城県立牛久栄進高等学校出身


人々のあたたかさや文化に魅了されました。

山形大学で4年間を過ごすなかで、人々のあたたかさや地域の文化にふれ、すっかり山形に魅了されてしまいました。勉強の面では、建築を軸に幅広い分野を学んだことで視野が広がりました。卒業論文では、宮城県柴田郡村田町における土蔵の架構について、現地調査を何度も行いながら、その種類の把握や変遷過程の解明を試みました。地域の方をはじめ多くの方々にご協力いただき、建築について多くの知識を得られたばかりか、人とのつながりの大切さが身に染みました。

大学案内2012から

熊澤圭祐

株式会社山形テレビ勤務

2009年3月文化創造学科異文化交流コース卒業

山形県立山形南高等学校出身


勉強でも趣味・遊びでも、社会に出る上で無駄なものは何一つありません。

現在、東京支社の営業部に勤務しています。テレビ局の営業の役割は、コマーシャルを獲得すること。どのような提案をすればスポンサーのニーズに応えられるのか、そんなことを日々考えながら仕事をしています。大学では、世界のさまざまな習慣や文化を学び、英語の教員免許も取得しました。一見するとマスコミにはあまり関係がないように思えるかもしれませんが、他の文化を学び受け入れることは、常に新しい情報を自分のものとして捉えていかなければいけないマスコミには非常に重要なことなのです。また教員の勉強は、マスコミ業界の厳しい仕組みを、スポンサー等へわかりやすく説明する際に大いに役立っています。コマーシャル制作では、自分の得意な音楽を生かして、あるスポンサーのコマーシャルソングを作ったことも。勉強でも趣味・遊びでも、何一つ無駄なものはない。それが、社会に出てから実感したことです。

山川裕史

山形県立酒田特別支援学校教諭

地域教育学科実践教育コース 2011年3月卒業

山形県立長井高校出身


コーパスに基づき定冠詞の使い方を研究しました。

英語では、同じ名詞でも意味や文脈の違いで、使われる定冠詞が微妙に違ってきます。上級者やネイティブであっても迷うことは少なくありません。そこで大学では、実際に使われている英語と中学校英語の違いを比較しながら、コーパスに基づいてさまざまな定冠詞の使い方を研究しました。大学ではまた、山形の教育の歴史についても学べ、地元への思いを深めることができました。このような多くの経験が、いまに結びついていると実感しています。

山口あゆみ

山形大学大学院地域教育文化研究科文化創造専攻 進学

文化創造学科スポーツ文化コース 2011年3月卒業

山形県立上山明新館高校出身


4年間で学んだことを、大学院で深く追究します。

保健体育の教員免許取得を目指して入学しました。県内外から集まったスポーツを愛する仲間たちとの学生生活はとても刺激に満ちていて、楽しかったですね。卒業研究は、アームウォーマーの性差をテーマに選びました。アームウォーマーを着用した状態で運動してもらい、その間の身体の皮膚温を測定し、男女の比較を行ないました。卒業後は大学院へ進学。学部の4年間で学んだことをさらに深く追究し、自信をもって社会へ羽ばたける実力を身につけたいです。

矢萩雄太

日立金融システムエンジニアリング株式会社 就職

生活総合学科生活情報システムコース 2011年3月卒業

山形県山形南高校出身


金融ソリューション分野で知識・技術を生かします。

この学科を選んだのは、文系出身者でも理系のさまざまな領域が学べるからです。例えば、食環境や住環境、統計学などのように、生活に関わる科目を関連させて学ぶことができるので、物事を多角的に捉える姿勢が身につきました。卒業研究では、回転するピンポン球に働く空気力を測定するために必要な、測定装置や方法の開発に取り組みました。卒業後は、これまで学んできた知識・技術を、金融関連のシステムソリューション分野で生かしていきます。

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC