「未来への響き~大学教員による室内楽コンサート~」開催しました。

地域教育文化学部でピアノ、声楽及び作曲の実技指導を担当する教員7名によるコンサートを2017年6月25日(日)に山形大学文化ホールで開催しました。ピアノの伊達華子、植木由利子、中畑淳、古賀望子、声楽の遠藤恭子、藤野祐一の6名が、弦楽ストリングスの伴奏でピアノコンチェルトやオペラなどのアリアを演奏しました。なお声楽作品の室内楽編曲は名倉明子が担当しました。

文化ホールの客席数は約百席ですが、前売りチケットの問い合わせ状況を考慮して、当初予定された14時からの公演に加えて、17時から追加公演を行い、2回のコンサート合計の入場者数は200名を超える盛況ぶりでした。

演奏終了後に、演奏した教員とお客様が交流する時間を設けたこともあり、和やかな雰囲気でコンサートを終了しました。特に1回目には卒業生が数多く来場し、久しぶりに訪問した母校での恩師たちによる演奏を心行くまで楽しんでいました。卒業生の皆様にとっては、まさに「ホームカミングデー」としても有意義なコンサートになりました。

終演後の記念撮影(左から名倉明子、藤野祐一、伊達華子、遠藤恭子、植木由利子、古賀望子、中畑淳)
植木由利子 J.C.バッハ:ピアノ(チェンバロ)協奏曲 変ホ長調op.7 Nr.5
 
古賀望子 W.A.モーツァルト:クラヴィーア協奏曲K.107 第2番 ト長調
中畑淳 F.ショパン:ピアノ協奏曲第2番 op.21 第2楽章 ラルゲット
伊達華子 F.J.ハイドン:ピアノ協奏曲第11番
 
遠藤恭子 J.S.バッハ:「クリスマスオラトリオ」よりNo.31 “わが胸よ”
藤野祐一 R.ワーグナー:楽劇「タンホイザー」より“夕星の歌”
表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC