山形市立第五小学校(5・6年生)の皆さんをお迎えして <ピクニックコンサート>を開催しました!

ピクニックコンサートは小学生以下の子どもたちを対象にしたもので、楽器紹介や曲の解説など、お話しを交えながら進行する楽しいコンサートです。音楽を楽しんだあとは、みんなでお弁当やおやつの時間です。

今回は、10月17日(火)に山形市立第五小学校の5・6年生の皆さんをお迎えして開催しました。今回のコンサートは「音楽の歴史や様々な音楽に触れよう!」というテーマで行いました。トランペットの2重奏からスタートし、音楽芸術コースの学生のよる宗教音楽の披露や、マリンバとピアノによる2重奏をお送りしました。聴いたことがある曲では題名を呟き、知らない曲は目を瞑るなどしながら音に集中する姿が見られました。



様々な音楽に触れてもらうために、スライドを用意し児童に紹介しました。ピンポン玉やタイプライターを使った音楽は児童にとって初めてのもので、驚くと同時に楽しそうに聞いている様子がありました。児童からは、「楽器じゃないものが音楽になるのが面白かった。」という感想がありました。



スライドの後は、児童にもなじみのある曲を4曲。秋にちなんだ童謡〈夕焼け小焼け〉〈紅葉〉を今回のメンバー全員で歌いました。また、最近の曲の中でも児童に人気の〈恋〉を、金管とピアノのアンサンブルで演奏しました。最後は見に来てくれた児童と一緒に〈威風堂々〉の合奏。私たちメンバーにとっても、一体感を感じられる楽しいプログラムになりました。児童からも、「いつもとは違う聴こえ方がして、楽しかった。」「鍵盤ハーモニカも交えて演奏してみたい。」等の感想がありました。



コンサートの演目の後、第5小学校の皆さんから、歌のプレゼントも!!
とても素敵な合唱で、体をリズムに合わせて揺らしながら歌ったり、笑顔で歌う様子に私たちも元気をもらいました。学生からの、歌うときのアドバイスに「歌うときの口の開け方がよく分かった。驚いた顔をすれば楽に歌えることが分かってよかった。」という児童もいました。



コンサート終了後はピクニックの時間です。この日は天候にも恵まれ、音楽会の後に青空の下で食べるお弁当は最高でした。



今回、フィールドプロジェクトの授業の一環としてピクニックコンサートを企画運営したことで、音楽の楽しさや物事を企画・運営することの難しさを感じました。普段交流のない小学生と私たち大学生も、音楽を通して一緒に楽しむことができました。「楽しかった。また来年もあるの?」などという児童からの声に、私たちもやりがいを感じることができました。一緒に演奏することで、さらなるつながりを感じることもできました。また、1つのコンサートを企画・運営していく中で、難しい部分も多くありました。この経験をこれからの活動に活かしていけるよう、頑張っていきたいと思います。

第五小学校5・6年生のみなさん、また山形大学に遊びにきてくださいね。ありがとうございました。

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC