のびのび保育園の皆さんをお迎えして <ピクニックコンサート>を開催しました!

ピクニックコンサートは小学生以下の子どもたちを対象にしたもので、楽器紹介や曲の解説など、お話しを交えながら進行する楽しいコンサートです。

今回は11月8日(水)に、のびのび保育園さんの子どもたちと保護者方をお迎えして開催しました。

チェロによる「風の通り道」から始まり、金管五重奏による「アンパンマンメドレー」、木管二重奏「美女と野獣」と続いて演奏していきました。知っている曲では、演奏に合わせて歌ったり体を揺らしたりと、楽しんでいる様子が見られました。楽器の紹介でも、知っている楽器があれば「見たことあるー!」「知ってるよ!」との声が聞こえ、どんな楽器が出てくるのかわくわくしているようでした。




次にピアノを3人の連弾で「となりのトトロ」「さんぽ」を演奏しました。子ども達は3人でのピアノ演奏がとても新鮮に感じていたようで、演奏している手元をじっと見つめていました。


最後には子どもたちも一緒に「おもちゃのチャチャチャ」を演奏しました。マラカスやタンバリンなど演奏しやすい楽器を使用し、ピアノ伴奏に合わせて歌ったり楽器を鳴らしたりしました。全員が笑顔の楽しそうな様子で、とても素敵なコンサートの締めくくりになりました。


今回、フィールドプロジェクトの授業の一環としてピクニックコンサートを企画運営したことで、コンサートを開催するまでの道のりがとても長く、簡単なものではないと気づくことができました。また、相手が大人ではなく子どものコンサートということで、子どもたちを相手にする時に意識しなければならないことや、より子どもたちにあったコンサートにするにはどうするとよいのか、という子どもが相手のコンサートならではの話し合いもありました。悩むことが多くありましたが、コンサート本番になると、演奏者も聴きに来てくれた方々も全員で音楽を楽しむことができました。今回のプロジェクトで学んだ、企画運営の大変さと、人と交流することの楽しさを忘れずに、これからも活動を頑張っていきます。

のびのび保育園のみなさん、また山形大学に遊びに来てくださいね。

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC