山形市立第五小学校(3,4年生)の皆さんをお迎えして<ピクニックコンサート>を開催しました!

ピクニックコンサートは小学生以下の子どもたちを対象にしたもので、様々な楽器による独奏や重奏、リズム遊びや合唱などを行います。楽器や曲の解説などを交えたり、子供たち一緒に歌ったり踊ったりする楽しいコンサートです。

このコンサートは,本学部の授業「フィールドプロジェクトH(地域音楽文化交流)」の一環として,受講学生が企画・運営しました。

今年度の第1 回目は、10 月5 日(金)に山形市立第五小学校の3・4 年生の皆さんをお迎えして開催しました。

初めに「大学生によるミニコンサート」としてピアノ独奏≪子犬のワルツ≫、チェロ独奏≪無伴奏チェロ組曲第一番~プレリュード~≫、金管五重奏≪生まれてはじめて≫の演奏を披露しました。生演奏ということもあり、子供たちは目を輝かせながら興味深そうに聴いてくれました。

ミニコンサートの様子


そして、映画『となりのトトロ』で使われている曲である≪さんぽ≫に合わせたリズム体操も行いました。曲に合わせながら、しゃがんだり、手を叩いたりなどという身体を使った簡単な体操をしました。ゆっくりのテンポから次第に速くしていきましたが、子供たちは一生懸命取り組んでくれました。


リズム体操の様子


また、五小の皆さんが合唱祭で演奏する≪小さな勇気≫を、最初に大学生が歌った後、全員で合唱しました。子供たち一人ひとりがそれぞれのパートを美しく歌ってくれたため、三部合唱のきれいなハーモニーがホールに響き渡りました。


合唱の様子


今回のピクニックコンサートを企画する際は、子供たちにいろんな種類の音楽に触れてもらいたいと考え、楽器の演奏では鍵盤楽器、弦楽器、金管楽器の三種類を使い、様々な音色を聴いてもらいました。それに加え、身体を使ったリズム体操や合唱も行ったので、子供たちに音楽の魅力をたっぷり味わってもらえたと思います。演奏を真剣に聴いている子供たちの眼差しや、一緒に活動するときにこぼれる笑顔を見ていると、私達もやりがいが感じられ、非常にうれしかったです。今回のピクニックコンサートでは、私達が日ごろ学んでいる音楽を通して五小のみなさんと交流することができ、改めて地域交流の大切さや、楽しさを実感しました。私達にとってとても貴重な時間となりました。今後も音楽を通して地域交流を深めていければと思います。

(地域教育文化学部音楽芸術コース3年 多田侑功)

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC