量子物理学
 Quantm Physics
 担当教員:野々山 信二(NONOYAMA Shinji)
 担当教員の所属:地域教育文化学部地域教育文化学科システム情報学コース
 開講学年:3年  開講学期:後期  単位数:2単位  開講形態:講義
 開講対象:  科目区分: 
【授業概要】
・テーマ
量子力学の入門及び、基礎を学びます。

量子力学が誕生し、100年以上が経過しています。この間、量子力学は、現代科学を支える基礎として発展し、様々な分野に応用されています。授業では、量子力学の基本的な枠組みを学びます。
・到達目標
量子力学における基本的(初等的)な計算ができるようになることを目標としています。

・キーワード
量子力学、量子論

【科目の位置付け】
量子論の基礎

【授業計画】
・授業の方法
演習、及び、発表(全員が必ず。毎回交代で)を中心として進めます。
・日程
1. 量子論の考え方
2. 波動性と粒子性
3. 波動
4. シュレディンガー方程式
5. 波動関数の確率解釈
7. シュレディンガー方程式の解法
8. 水素原子


【学習の方法】
・受講のあり方
毎回、担当者を決め、予習してきた内容を発表してもらいます。発表内容を元に、説明を加えていきます。
・授業時間外学習へのアドバイス
テキストを指定するので、必ず予習することが要求されます。

復習は、重要です。授業で理解した部分をテキストを使ってもう一度やり直してください。


【成績の評価】
・基準
期末試験、発表内容、演習で採点します
・方法
・発表に対して、主体的にかつ意欲的に取り組んだか。
・発表の内容がそれぞれの単元の目標に到達しているか。
・内容に対する理解が目標に達しているか。

【テキスト・参考書】
単位が取れる量子力学ノート(橋元淳一郎)


初等量子力学(原島鮮)


【その他】
・学生へのメッセージ
数式の誘導に慣れてください。自分自身でしっかり手を動かしてください。

21157470-2014-08-27780