山形大学教職大学院

教育分野の概要

  1. 学校力開発分野
  2. 学校の教育力を活性化できる豊かな「人間力」を備えた教員を養成します。同僚や地域社会と連携して学校改革を推進できる「スクールリーダー」としての資質能力の育成に重点をおくもので、現職教員を対象とします。これからの学校づくりについて共通した課題意識を強く有する教員同士が相互に研鑽し合うことが、学びの特徴です。

  3. 学習開発分野
  4. 学習の構造・メカニズムに関する学習科学を基盤として、確かな「授業力」を備えた教員を養成します。小学校の現職教員及び小学校教員を目指す学部卒学生を中心として、中学校及び高等学校の現職教員及びそれらの教員を目指す学部卒学生等も対象とします。資質能力と経験差を活かした学び合いにより相互に実践的指導力を高め合うことが、学びの特徴です。

  5. 教科教育高度化分野
  6. 教科内容に関する特段の専門性と、その教科内容を授業や教材に具体化する力を有する国語・社会・数学・理科・英語を担う教員を養成します。中学校・高校の現職教員及び中学高校の教員を目指す学部卒学生等を対象とします。

  7. 特別支援教育分野
  8. 特別支援学校に在籍する障害児の重度・重複化や多様化への対応、及び通常学級に在籍する発達障害児への対応について、高度で専門的な対応ができる教員を養成します。特別支援学校や小中学校特別支援学級の現職教員、及び特別支援学校教員や小中学校特別支援学級教員を目指す学部卒学生等を対象とします。

指導体制

 9名の研究者教員と8名の実務家教員が専任教員として、指導にあたります。「理論と実践の融合」の実現を図り、研究者教員と実務家教員のチームティーチングによる指導体制を取ります。