山形市立第五小学校(1,2年生)の皆さんをお迎えして<ピクニックコンサート>を開催しました!

10月11日(金)、山形大学文化ホールで、地域教育文化学部の学生達が山形市立第五小学校の1,2年生の皆さんをお迎えしてピクニックコンサートを開催しました。

ピクニックコンサートは小学生以下の子どもたちを対象にしたもので、子どもたちが楽しみながら音楽に親しめるよう、遊びやお話しを交えながら進行するコンサートです。

初めに金管楽器による「となりのトトロメドレー」の演奏を披露しました。その後混合楽器による「バレエ音楽くるみ割り人形」を絵本の読み聞かせに合わせて演奏し、続いて「ホールニューワールド」の歌のデュエットを披露しました。最後は「パプリカ」と「ドレミの歌」をみんなで歌って楽しみました。

▲「となりのトトロメドレー」
▲クイズを交えた楽器紹介

クイズを交えて楽器紹介をすると、子ども達は楽器の音色の違いを感じ取って元気よく答えていました。

▲バレエ音楽「くるみ割り人形」

「くるみ割り人形」では、スライドに場面ごとの絵を表示したり、絵本の中の効果音を楽器で表現したりすることで、子ども達に物語を五感で楽しんでもらうことができました。

▲「ホールニューワールド」のデュエット

「ホールニューワールド」を披露すると、歌声の素晴らしさに、「本物のジャスミンみたい」とうっとりしている子どももいました。

▲「パプリカ」&「ドレミの歌」

「パプリカ」や「ドレミの歌」は、踊りを交えながら、子ども達と学生みんなで元気いっぱいに歌いました。

今回の交流は、子ども達にとっても学生の私たちにとっても、沢山の学びを得る素晴らしい機会になりました。今まで音楽にあまり興味を持っていなかった児童にも、音楽の楽しさに気が付いてもらえたのではないかと思います。子ども達の嬉しそうにワクワクしながら音楽を楽しむ様子を見て、学生の私達まで楽しく、嬉しい気持ちになりました。このプロジェクトでの学びを今後の活動に生かせるよう、頑張っていきます。

山形市立第五小学校の1,2年生のみなさん、素敵な時間を一緒に過ごして下さってありがとうございました。また山形大学に遊びに来てくださいね。

(児童教育コース3年 伊東晴菜)

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC