ピアニストの舘野泉氏による公開講座を行います

~山形大学と山形交響楽団の連携による音楽教育推進事業~

【本件のポイント】
●ピアニストの舘野泉氏による公開講座。
●平成29(2017)年度から実施している山形交響楽団との連携による音楽教育推進事業で、今回で8回目。
●学生にとっては、世界で活躍するプロの音楽家から講座を受けられる絶好の機会。

©山岸伸

【概要】
山形大学では、「山形交響楽団との連携による音楽教育推進事業」として、山形交響楽団定期演奏会の招聘音楽家による公開講座を行っています。 2021年度は、クラシック界のレジェンド、ピアニストの舘野泉氏をお招きし、ピアノ演奏とともに、フィンランドの自然や音楽等、様々なお話しを伺います。 山形大学学生への講座ですが、一般視聴を希望される方もzoom配信で受講できます。

【開催情報】
日時:2021年11月15日(月)18:30開演
場所:山形大学文化ホール
※山形大学学生のみ入場可能。一般の視聴希望の方はzoom配信を予定しております。

曲目:
・カレヴィ・アホ(1949-):静寂の渦 ※「舘野泉左手の文庫」助成作品
 Kalevi Aho: Seizaku no Uzu
・ペール・ヘンリク・ノルドグレン(1994-2008) :小泉八雲の『怪談』によせるバラードⅡ
 Op.127 より 「振袖火事」 ※舘野泉に捧ぐ
 Pehr Henrik Nordgren:「Furisode-kaji」from Ballads on "KWAIDAN"ⅡOp.127
・光永浩一郎(1966-):左手ピアノ独奏のためのソナタ “苦海浄土によせる” より
 第三楽章 海と沈黙 ※舘野泉に捧ぐ
 Koichiro Mitsunaga: Sonata for left hand piano, "Paradise in the Sea of Sorrow"
 Ⅲ. Silence and the Sea

【講師紹介】
  クラシック界のレジェンド、84歳ピアニスト。領域に捉われず、分野にこだわらず、常に新鮮な視点で演奏芸術の可能性を広げ、不動の地位を築いた。2002年に脳溢血で倒れ右半身不随となるも、しなやかにその運命を受けとめ、「左手のピアニスト」として活動を再開。尽きることのない情熱を、一層音楽の探求に傾け、独自のジャンルを切り開いた。“舘野泉の左手”のために捧げられた作品は、10ヶ国の作曲家により、100曲にも及ぶ。 2020年、演奏生活60周年を迎えて開催の記念リサイタルの全国ツアーは各地にて大反響をよぶ。 もはや「左手」のことわりなど必要ない、身体を超える境地に至った「真の巨匠」の風格は、揺るぎない信念とひたむきな姿がもたらす、最大の魅力である。
舘野 泉公式HP https://www.izumi-tateno.com/


【お問い合わせ】
学術研究院教授(地域教育文化学部主担当) 渡辺 修身
TEL 023-628-4336  メール sammy@e.yamagata-u.ac.jp

表示モード:スマートフォンスマートフォン | PCPC